UVリフレクトパウダー

紫外線と光老化

老化の進行は、目に見えない細胞レベルでの酸化の進行です。紫外線は紫より波長の小さな目に見えない光で強いエネルギーを有しています。紫外線を浴びると、皮膚表面に活性酸素が発生し皮膚組織を酸化します。紫外線A波は皮膚内に侵入し、メラニンを発生させます。真皮層の線維芽細胞にダメージを与えコラーゲン、エラスチンの組織を破壊します。紫外線によるお肌の老化を光老化といいます。

A波の皮膚障害

長波長紫外線(400nm~320nm)で、オゾン層ではほとんど吸収されず、90%以上地上に届いています。∪V―B波と比べるとエネルギーは小さいけれど浸透力が強く、曇りの日でもガラスの中でも季節を問わず浴びることとなります。皮膚内に深く侵入して、メラニンを発生させシミくすみの原因をつくります。同時に活性酸素が発生し、細胞膜やリン脂質を酸化させます。真皮層に至」達し、コラーゲン、エラスチン繊維を破壊します。結果、小じわが増え、肌は張りを失いたるみが目立ちます。

B波の皮膚障害

中波長紫外線(320nm~ 290nm)でオゾン層で90%が吸収され、地上には10%程度しか到達していません。よく晴れた日のみで曇りやガラスの中では浴びません。エネルギーカが強く皮膚表面に炎症を起こし、ラングル八ンス細胞を減少させます(免疫不全)。有棘層、基底層に到達すると、DNAの塩基配列に狂いを生じさせ、皮膚ガンの原因をつくります。皮膚表面のメラニンを黒化させ、シミを濃くします。

Yチタン(特許成分)

微粒子Yチタンは当社独自の紫外線遮断剤です。〈公開番号:2003-96437〉お肌を明るく透明にしながら紫外線A波、B波をカットし、お肌の日焼けを防いでシミ、くすみをつくりません。毎日のケアで光老化を予防し、若々しい肌年齢を維持します。

コンポジットパウダー(PMMA)効果

コンポジットパウダーは扁平状のマイカ(雲母)の表面にナノ球体(PMMA)を付着させた微粒子です。光が入射するとマイカ(反射板)によつて反射され、再び入射光側に、再帰反射(リフレクト)する時、PMMA球体が光を屈折、偏光させます。明るい肌色の干渉色として目に入るため、シワの陰影やシミ、くすみが目立たなくなり、お肌が輝きます。紫外線も同時に反射、散乱させるため、∪∨A波、B波の遮断率は向上します。


全成分

  • タルク
  • マイカ
  • ポリメタクリル酸メチル
  • 酸化チタン
  • トリオクタノイン
  • 脂肪酸(C10-30)(コレステリル/ラノステリル)
  • メチコン
  • スクワラン
  • ステアリン酸亜鉛 (ヒドロキシステアリン酸/ステアリン酸/ロジン酸)ジペンタエリ
  • スリチル
  • ジイソステアリン酸ポリグリセリル-2
  • トコフェロール
  • シリカ
  • アルミナ
  • ステアリン酸
  • メチルパラベン
  • エチルパラベン
  • 酸化鉄

UVリフクレトパウダー
11g ケース付き ¥6,000(税抜き) / リフィル ¥5,500(税抜き)